精神科、統合失調症、メンタルヘルス、うつ病、心療内科

パニック障害で苦しんでいる方への動画

統合失調症を診断するには

目次

1:統合失調症とは

2:陽性症状、陰性症状

3:DSM診断基準

1:統合失調症とは

統合失調症は脳内ネットワークの異常です。腫瘍など見た目では異常がなく、CT、MRI、血液検査、脳波など医療現場でできる検査では全く異常が出てきません。統合失調症の診断は問診が基本になります。診断基準はDSMという米国精神医学会が定めた診断基準が日本の医療現場ではよく使われます。診断基準は専門用語が多く、とても読みづらいですので、大雑把なイメージで説明してみたいと思います。

 

皆さんも街を歩いていて、時々大声を出したり、独り言をぶつぶつ言ったりしている人達を見ませんか?

 

統合失調症のイメージはそういった方々を思い浮かべればいいです。統合失調症にかかっている人達は1%であり、100人に1人が統合失調症患者という計算です。薬物治療の発展とともに統合失調症の約6割はほぼ正常領域に戻ります。一見すると普通の人と見分けがつきません。そして、精神科患者は今病院で閉じ込めておくのではなく、退院して社会復帰をし社会の中で生きていくようになってきています。

 

時々大声を出したり、独り言をぶつぶつ言ったりしている人達がいますが、そういった方々は統合失調症である可能性が高いです。

 

f:id:chintaizumai:20161123105323p:plain

また、覚醒剤を使用している人を見たことがありませんでしょうか?覚醒剤使用者と統合失調症症状は非常に似ています。神奈川県相模原市で障害者施設で大量殺人が起きました。その犯人も覚醒剤使用をしており、「障害者は殺して死んだ方がいい」といった突拍子もない考え方、妄想で殺人にいたりました。統合失調症の方々も同様に異様な思考方法や宗教をもっていたりします。

 

f:id:chintaizumai:20161123105500p:plain

2:陽性症状、陰性症状

 

統合失調症のメインの症状は陽性症状と陰性症状に分けられます。陽性症状は見た目が派手であり、陰性症状は見た目が派手でない症状と考えていただいて構いません。

 

陽性症状には、妄想、幻覚、異常な行動、はちゃめちゃな発言があります。「たけちゃんまん、たけちゃんまん、万歳!万歳!」などといって走り回り、破壊行動をする、、、といった光景はまさに統合失調症の患者の典型例となります。

 

妄想は多種多様であり、自分は天皇の子孫だ、マフィアに追われている、世界が終わる、盗聴されている、、、、など様々です。

 

幻覚では視覚(幻視)、嗅覚(幻臭)、聴覚(幻聴)、感覚(体感幻覚)などありとあらゆる部位に幻覚が生じますが、統合失調症の方々には幻聴が多いです。命令されたり、自分の意思と反するようなささやきが典型的です。

f:id:chintaizumai:20161123105209p:plain

 

陰性症状、陽性症状と比べて派手ではなく、内にこもっていくイメージになります。意欲がなくなる、情動がなくなる、ひきこもる、、、などあります。先ほど話をしましたが、統合失調症の6割は正常領域に戻りますが、残りの4割の方々は残念ながら一見して異様さを感じるレベルになってしまいます。

 

こういった異様な方々では、陽性症状は薬でコントロールできますが、陰性症状は薬でコントロールすることが難しいです。最終的には陽性症状が落ち着き、陰性症状が残るケースが多いです。気の抜けた顔をしている、ほとんどしゃべらずネットリした視線をする、保護室でグッタリ寝たまま、、、などといった方々が多いです。統合失調症は大昔に早期痴呆症などと言われていましたが、痴呆の方々が気の抜けた状態になりますが、まさにそういった状態になっていくのです。臨床で感じますが、陰性症状は薬で治りづらく最後まで残ります。

 

3:DSM診断基準

 

以下はDSMの診断基準になりますので、参考にしてみてください。

A. 以下のうち2つ以上、各々が1ヶ月間(または治療が成功した際はより短い期間)ほとんどいつも存在する。これらのうち少なくともひとつは1か2か3である。

1.妄想

2.幻覚

3.解体した会話(例:頻繁な脱線または滅裂)

4.ひどくまとまりのないまたは緊張病性の行動

5.陰性症状(例:感情表出の減少や意欲欠如)

 

B. 障害の始まり以降の期間の大部分で、仕事、対人関係、自己管理などの面で1つ以上の機能の水準が病前に獲得していた水準より著しく低下している(あるいは、小児期や青年期の発症の場合、対人的、学業的または職業的な期待される水準に達することができずにいる)。

 

C. 障害の持続的な徴候が少なくとも6ヶ月間存在する。この6ヶ月間には、基準Aを満たす各症状(すなわち、活動期の症状)は少なくとも1ヶ月(または治療が成功した際はより短い期間)存在しなければならないが、前駆期または残遺期の症状の存在する期間を含んでもよい。これらの前駆期または残遺期の期間では、障害の徴候は陰性症状のみか、もしくは基準Aにあげられた症状の2つまたはそれ以上が弱められた形(例:風変わりな信念、異常な知覚体験)で表されることがある。

 

D. 統合失調感情障害と、うつ病または双極性障害の精神病性の特徴を伴うものが以下の理由で除外されていること

(1)活動期の症状と同時に、大うつ病または躁病のエピソードが発症していない

(2)活動期の症状中に気分のエピソードが発症していた場合、それらは疾患の活動期および残遺期の持続期間の半分以下しか存在しない。

 

E. 障害は、物質(例:乱用薬物、投薬)または他の医学的状態の直接的な生理学的作用の影響によるものではない。

 

F. 自閉スペクトラム障害やコミュニケーション障害の小児期の既往歴があれば、統合失調症の追加診断は、統合失調症の必須症状に加えて顕著な幻覚や妄想が少なくとも1ヶ月(または治療が成功した際はより短い期間)存在する場合にのみ与えられる。

 

 

サインバルタ(デュロキセチン)の効果

目次

1:サインバルタ(デュロキセチン)を使う病気

2:サインバルタ(デュロキセチン)のメカニズム

3:サインバルタ(デュロキセチン)の特徴

 

1:サインバルタ(デュロキセチン)を使う病気

うつ病に使用されます。脳内のノルアドレナリンセロトニンを増やすことで、不安を減らす、意欲を上げる効果を発揮させます。

また、心因性疼痛、神経障害性疼痛にも効果があります。心因性疼痛とは、原因となる病気がないのに痛みがあり、痛みの原因が心理的なものと考えられる痛みのことをさします。

神経障害性疼痛では、痛みを伝える神経が変性したり、ダメージを受けることで、痛み刺激がないのに、痛みがあるかのように神経が痛みを伝えてしまいます。例としては、糖尿病の方、肋間神経痛、ヘルニアの方などは神経が障害されて、四肢が痛くなったりしびれたり、胸が痛くなったりします。サインバルタはこういった神経障害性疼痛にも効果があるのです。

2:サインバルタ(デュロキセチン)のメカニズム

f:id:chintaizumai:20161113183609p:plain

専門薬学より引用

神経どうしはセロトニンノルアドレナリンドパミンなどの神経伝達物質を介して電気信号を伝えています。うつ病の方は脳内のノルアドレナリンセロトニンが少ないことが分かっています。ノルアドレナリンセロトニンが少ないため、意欲が低下したり、不安が出てきたり、うつ症状が出現してきます。

サインバルタは、ノルアドレナリンセロトニンなどの神経伝達物質を増やすことでうつ症状の改善を図る薬になります。

 

  

 

3:サインバルタ(デュロキセチン)の特徴

サインバルタは2010年に発売されました。セロトニンの他にもノルアドレナリン神経伝達物質を増やします。SNRI(セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬)という種類に分類されます。セロトニンは不安や抑うつに効果があります。一方、ノルアドレナリンは意欲低下に効果があります。SSRIと比べてノルアドレナリンを増やす効果を併せ持っていますので、意欲低下が症状の主体であるうつ病に効果があるのではないかと期待されています。 

効果発現は早い方で1週間程度で効果を実感してくる人がいます。成人では朝1回20mgから開始して1週間ごとに20mgずつ増量可能です。40mgが維持量ですが効果がイマイチであれば最大60mgまで増量可能です。

20mgカプセルで1カプセル170円程度です。30カプセルで240円程度になっています。

 

 

 

見捨てられる患者

神病院で勤務し始めて他の科では経験できないような体験をたくさんしてきた。レイプあり、虐待あり、放火あり、殺人あり。「現実は小説よりも奇なり」なんて言葉もあるけれども、こんなにもたくさん奇妙なことが世の中にはあふれているのかと驚く。

 

 

精神病院と聞いてどんなことを想像するのだろうか?

 

 

勝手なイメージだが、優しい先生がどんな患者の話でも丁寧に聞くイメージを抱いているのではないだろうか。

 

 

働いてみて分かったことは、そのイメージはYESでもありNOでもある。他の科にくらべたらそもそも患者の話に耳を傾ける科であるし、それが仕事なので色々なスキームを使って話を聞いていく。

 

 

もそも精神科は手術など特殊な技能を使わない。 精神病院の患者あたりの単価はどうしても安くなってしまう。病院側としては採算をとるためには一人の医者にたくさんの患者を診察させなければいけない。医者といえどサラリーマンなのでゆっくり時間をかけて患者を診たいと思っていても、病院の管理者のいうことを聞かなければいけない。管理者が外来に患者を詰め込んできたら、それにあわせて渋々診察しなければいけない。

 

 

1時間待ち5分診療のできあがりだ。医療費は今後締め付けられるので、今後さらにひどくなっていくだろうなあと思う。

 

 

そもそも精神科医の外来でゆっくり話を聞いてもらおうとするのは間違いだ。医者は薬をだし、大まかな治療方針を出すのが仕事だ。リハビリやカウンセリングは心理士や看護士などの仕事なのだ。

 

 

神科医も人の子である。どんな薬を使っても効果がでないで、常に破天荒な行動をし続ける患者は見捨てられる。

 

 

私が研修医をしていた頃の話だが毎日のように先輩の後ろをついて教えてもらっていた。先輩は優しく、患者の話を忙しい中でも聞く人だった。

 

 

そんな外来の一コマ。50代女が急いで診察室に入ってきた。白髪は伸ばし放題でガサガサしている。服は何週間洗っていないのだろう、、、。入ってきてすぐにしゃがみこんで泣きはじめるのだ。「ワー!!!」大うつ病患者だ。

 

パニック障害を併発しているようでバス、電車に乗れず、自宅から走って病院に通院している。

 

 

呆気にとられている私をよそに、先輩は手慣れたように「まあまあ、まずは椅子に座ってくださいよ。」

 

 

「先生、何で私はこんな病気になっちゃったんだろう!!」

 

 

そんな言葉が聞こえてないかのように、「じゃあ、いつもの薬出しときますね。」

 

「先生助けてーー!!」

 

「じゃあ次回外来は1ヶ月後に予約しときますね。はい、診察は終わりなので帰ってください。」先輩は手で診察室のドアを指しながら平坦な声で言った。

 

 

女は泣きながら納得のいかない顔をして帰っていった。

 

 

「、、、????」ポカンとしている私を振り返りながら先輩はあきれたように言った。

 

 

「開業で辞めた上司から引き継いだ患者でさーー。お前にプレゼントしてやるって言われてね。もしかしたら自殺するかもねーー。でも毎回通院してくるんだよねーー。」あっけらかんと言い放った。

 

 

精神科医も人の子である。どんな薬を使っても効果がでないで、常に破天荒な行動をし続ける患者は見捨てられるのだ。

 

認知行動療法 治療 コラム法

目次

1:こんな方にお勧めの記事

2:認知行動療法とは

3:コラム法

出来事

気分

自動思考

別の考え方

結果

1:こんな方にお勧めの記事

うつ病を治したい。

認知行動療法を知りたい。

認知行動療法の方法を知りたい。

・コラム法を知りたい。

2:認知行動療法とは

姿勢や仕草と一緒で、人それぞれ考え方の癖があります。日常生活では様々な出来事が起こっていますが、考え方ひとつで気分が明るくなったり暗くなったりします。気分が違えば行動が変わってきます。

認知行動療法は考え方の癖を修正して暗い気分を明るい気分に変えていく療法になります。

f:id:chintaizumai:20161113102244p:plain

安部晋三総理が「笑っていいとも」に出演していました。安部総理だけあって付き合う人達もビッグな方が多いですね。たくさんの花が贈られて飾られていました。

一度潰瘍性大腸炎で総理の座を退きましたが、再度総理に返り咲きました。1度目に総理になった時と2度目に総理になった時では取り組む気持ちが変わったそうです。

一国の代表ですから、代表の気持ちが落ち込んでいたら一国全体が暗い雰囲気になってしまいます。2度目に総理になった今は、安部総理は気分転換をして気持ちをリフレッシュすることを心がけているようです。リフレッシュをすることで気持ちを新たにし国の政治に取り組んでいるそうです。

また、「笑っていいとも」では贈られてきている背後の花を例にして「ものの見方の大事さ」も話していました。同じ贈られてくる花でも、「あいつから花が来ていない」と考える人もいれば、「こんなにたくさん花をもらえて嬉しいなあ」と思う人もいます。2度目の総理になった時は、なるべく前向きにものごとを捉える努力をしているみたいです。

同じ出来事があっても捉え方によって気分は大きく異なってくるのです。まさに認知行動療法です。

3:コラム法

f:id:chintaizumai:20161113104230p:plain

認知行動療法では人の考え方の癖を治していきます。手法は様々ですが、今回はコラム法を紹介していきます。コラム法も5コラム、7コラム法などありますが、今回は5コラム法を紹介したいと思います。

出来事

日常生活で起きた出来事を書きます。今回の例では「花が贈られてきた」としました。

気分

今回の例ではマイナス思考の人を例にしてみました。「不快な気分になった」としておきます。

自動思考

ここでは、「花が贈られてきた」→「不快な気分になった」間の思考回路を書き出します。日常の出来事から、どういう思考手順を経て、感じた気分になったのかを書きます。今回の例では、「花が贈られてきた」→「A君から花が贈られていない」→「不快な気分になった」としておきます。

別の考え方

自動思考がその人の考え方の癖になります。その考え方のままでは、これからの人生は変わらず暗い気分で過ごすことになります。

自動思考を書いて、どこが問題になっているか見つめ直して、別の考え方がないかを検討します。

今回の例では「花が贈られてきた」→「B君C君D君からは花が贈られている」→「うれしい」としておきます。

結果

このように自分が意識していない考え方の癖を客観視して新しい考え方を取り入れることで別の気分になれます。最後に新しい考え方を取り入れることで、結果がどうなったかを書きます。今回の例では「気分が楽になった」としてあります。

森田療法とは

目次

1:こんな方にお勧めの記事

2:森田療法とは

森田療法概要

森田療法の外来療法

森田療法の入院治療

 

1:こんな方にお勧めの記事

・不安神経症を治したい。

パニック障害を治したい。

森田療法を知りたい。

森田療法のカウンセリングを受けてみたい。

 

2:森田療法とは

森田療法概要

f:id:chintaizumai:20161112104645p:plain

森田療法は、東京慈恵医科大学教授の森田正馬博士が提唱した方法になります。自身も小さい頃より、「死の恐怖」「試験を受ける時の緊張」など様々な不安神経症の症状に悩まされていました。

自ら不安神経症に悩まされて薬を飲んでいたい森田博士ですが、医学部在学中に試験直前の不安に悩まされていました。試験直前に自暴自棄になり、薬も飲まず、「どうにでもなれ」と投げやりになって試験に臨むことになりました。結果は、試験に合格し良い成績をおさめることになりました。このエピソードで森田博士は、不安を避けるのではなく、逆に突っ込んでいき、目の前の一瞬一瞬を不器用ながら生きていくことが効果的であることに気づきます。

その後、臨床医として臨床に携わりながら、人生の中盤時期に森田療法を提唱し、東京慈恵医科大学でそれを実践していくことになります。東京慈恵医科大学では今でも森田療法センターがあり、森田療法のメッカであるといえます。

西洋療法では不安、うつ、悲しみなど「負の感情」を否定します。薬物、精神療法などで負の感情をなんとか消そうとすることになります。一方、森田療法では「負の感情」を否定せず、受け入れていくことを勧めます。西洋療法では避けよう、避けようとしていた「負の感情」に逆に突っ込んでいくことになります。

f:id:chintaizumai:20161112103722p:plain

何故、森田療法では負の感情を受け入れていくことを勧めるのでしょうか?負の感情があるということは、その裏に必ず人間の欲求があるからです。例えば、「人前で話すときにあがってしまう。」という不安がある場合、その背後には「人前でうまく話したい。」「能力のある自分を示したい。」「優秀な自分でいたい。」という欲求があるのです。「不安」と「欲求」は表裏一体なのです。「欲求」は生きるために必要な感情です。「欲求」があるからこそ人は頑張れるのです。森田療法では、「不安」を避けるのではなく、「不安」の背後にある「欲求」に気づかせ、「欲求」にフォーカスを当てさせることで「不安」を乗り越えていきます。

森田療法の外来療法


f:id:chintaizumai:20161112131402j:image

森田療法の根本は「不安」を受け入れ、その背後にある「欲求」に気づかせフォーカスしていく過程です。根本があっていれば、どのような形で治療しても良いですし、不安に悩まされている患者さんに合ったやり方でよいのです。ここでは日記を用いた外来療法の例を書いていきたいと思います。

・寝る前の1時間前くらいに書く。

寝る前の方が1日全体を振り返りやすいからです。

・大学ノート半ページから1ページが目安です。

書く分量は患者さんに適宜あわせていきます。

・1日の具体的な行動と感情を書きます。

行動と感情を合わせて書いていきます。感情だけ書くと感情に振り回されます。どういった目的で、どのような行動をとったのかもきちんと書いていきましょう。感情ではなく、目的、行動に重きを置く意識が大事です。

・日記は2冊用意してもらい、面接時に交換します。

治療者が外来の場でコメントを書いたり、日記を全部読むことは難しいです。ノートを2冊用意して、外来の場で交換しながら、交互に「日記を書く」→「読んでコメントを書く」を繰り返す方が効率的で外来を有効に利用できます。

・治療者は赤ペンでコメントを書く。

赤ペンで書くことで、治療者と患者の書いたことの違いを際立たせます。別にそこまでこだわらなくてもかまいません。

森田療法の入院治療

東京慈恵医科大学森田療法センターでは森田療法をメインにした入院治療を行っています。また、各病院機関でも入院中に森田療法の治療方法をとりいれながら適宜医師やカウンセラーは治療を行っています。ここでは東京慈恵医科大学森田療法センターでのやり方を紹介したいと思います。

Ⅰ臥床期

病室で横になってもらいながら、自分の不安や恐怖に向き合ってもらいます。

Ⅱ軽作業期

庭に出て散歩するなど軽い運動をします。同じ病棟の患者さんとコミュニケーションをとったり、治療者と面談をしたりします。この頃から日記を書いて、自分の内面を見つめなおしていきます。

Ⅲ作業期

掃除、炊事、洗濯など日常生活の作業を患者どうしで分担して行います。

Ⅳ社会復帰期

外泊、外出をしていきながら社会に戻っていきます。