精神科、統合失調症、メンタルヘルス、うつ病、心療内科

統合失調症の原因

目次

1:こんな人にお勧めの記事

2:統合失調症の原因

 

1:こんな人にお勧めの記事

統合失調症といわれたが何が原因なのか知りたい。

・子供が統合失調症になったが、親の私が原因なのか知りたい。

・ストレスが原因になることはあるのか知りたい。

・遺伝は統合失調症の原因になるのか知りたい。

統合失調症について詳しく知りたい。

f:id:chintaizumai:20161101224940j:plain

2:統合失調症の原因

原因は明らかではありませんが、仮説があります。脳内にある多数の神経細胞どうしは神経伝達物質でお互いのネットワークをつくっています。ドーパミンセロトニン、GABA(ギャバ)、アドレナリンなど聞いたことがあるかと思いますが、これらが神経伝達物質であり、神経伝達物質をやりとりすることでネットワークが形成されているのです。

ドパミンが過剰になりすぎることで、幻覚、幻聴、妄想、興奮などの精神症状が出現します。一方、ドパミンが不足することで感情消失、表情消失、意欲低下などが出現します。

ドパミンセロトニンのバランスが崩れることも統合失調症の原因となるといわれています。

グルタミン酸が過剰になり、グルタミン酸神経細胞に悪影響し、神経細胞が異常にドパミンセロトニンを分泌してしまい、それが原因となります。

遺伝も原因になりますが、環境も影響しますので、遺伝だけではありません。遺伝が約2/3、環境が約1/3といわれています。発症するきっかけとしては、進学、就職、独立、結婚など人生での転機があげられます。