精神科、統合失調症、メンタルヘルス、うつ病、心療内科

精神療法とは

目次

1:こんな方にお勧めの記事

2:精神療法とは

3:精神療法の種類

 

1:こんな方にお勧めの記事

・精神病院にかかっていて医師から勧められた。

うつ病にかかっている。

統合失調症にかかっている。

・薬に頼りたくないので他の方法を探している。

・精神療法について詳しく知りたい。

2:精神療法とは

精神病に対して薬物で治療するのではなく、心理的側面から治療をすることをいいいます。様々な手法があり、患者と話をしていきながら行うカウンセリングや、遊びながら行う作業療法などがあります。

3:精神療法の種類

カウンセリング

心理カウンセラーと話をしながら、自分の内面にある問題・課題を見つけ、カウンセラーの援助を受けながら自分で解決していきます。カウンセラーは具体的な解決策などは提示しません。あくまでカウンセリングを受けているクライアントが主体であり、自分の力で一歩一歩解決に向かっていくことになります。

作業療法

歌、工芸、書道、カラオケ、将棋、他者との会話、買い物訓練など日常生活のための作業、遊戯などを通して精神患者さんが日常生活に戻れるようにしていきます。

自律訓練法

患者が催眠状態になり、今までたまったストレスや緊張を軽減することです。1932年にドイツの精神医学者が唱えた方法が有名で、手足の体温を意識したり、深呼吸するなど決まったやり方があります。

認知行動療法

認知療法は簡単にいうと、マイナス思考からプラス思考にすることをいいます。

たとえば、彼氏とケンカしたとします。「またケンカしてしまった。こんな私はダメな人間だ。」と思う人もいれば、「話し合ってお互いをよく知るキッカケとなった。」と思う人もいます。

このように、ひとつの出来事をとってみても考え方ひとつで気持ちがだいぶ違ってきます。認知療法では、このように精神病になりやすい認知の仕方を変えていく療法になります。

集団精神療法

f:id:chintaizumai:20161103181233p:plain

集団精神療法とは、みんながいる前で自分の話をすることで、自分のこころの問題を見つめなおす方法のことです。アルコール依存症の方たちが、椅子を丸く並べて座り、体験など自分の話をする光景をよくみますよね。あれも集団精神療法の一種です。

内観療法

内観療法は自分の歴史や体験を振り返り、自分の内面をよく観察することで、新たな自分を発見、分析することです。誤った認知や対人関係をただすきっかけになります。母親など大事な人を思い出し、「その人から自分がしてもらったこと」「その人に自分がしたこと」「その人に迷惑をかけたこと」などを思い出す、などの方法があります。

遊戯療法

子供を対象にし、遊びを通して行う心理療法です。

家族療法

家族は患者が良くなくなっていくことを望んでいます。家族をひとつのまとまりと考えて、患者の問題を解決していくアプローチです。

心理劇療法

患者が劇で演じることで物の見方や考え方を変えていく心理療法です。劇は即興であることが多く、患者が過去に実際に体験した一場面を取り扱うことが多いです。

箱庭療法

箱に人、物、家、木、動物などの模型を入れていき、自分の好きな庭をつくっていきます。実際に作られた庭の模型を見て、患者の心情を読み取っていきます。

森田療法

不安、恐怖、うつなどの問題となっている感情を受け入れていくための療法です。無理に感情を回避しない方法になります。

システムアプローチ

感情自体に焦点を当てすぎない方法です。人間関係、環境など、患者をとりまく物や人を利用して、患者の悩みを解決していきます。患者と周囲の人達、環境の相互関係を変えていく方法になります。

例えば、母親と口論するとうつ気分や不安を持ってしまう娘がいるとします。通常の精神療法であれば、うつ気分、不安を引き起こす原因を探す→母親との口論が原因→母親との口論を止める、あるいは、口論してもうつ気分や不安を持たない思考回路をもつ。といったことになります。

一方、システムアプローチでは、娘と母親の口論する行為、娘と母親の関係に焦点をあてます。娘と父親で定期的に会話をもたせる、娘と母親の間に弟に入れてみる、一人暮らしをさせてみる、母親は否定的な言葉を言うのではなく肯定的な発言に変えて娘と母親の関係性を変えてみる、、、など人や物や環境の関わり合いを変えていくことになります。感情自体に焦点を当てるのではなく、物、人、環境の相互関係に焦点を当てていきます。