精神科、統合失調症、メンタルヘルス、うつ病、心療内科
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知行動療法 治療 コラム法

目次

1:こんな方にお勧めの記事

2:認知行動療法とは

3:コラム法

出来事

気分

自動思考

別の考え方

結果

1:こんな方にお勧めの記事

うつ病を治したい。

認知行動療法を知りたい。

認知行動療法の方法を知りたい。

・コラム法を知りたい。

2:認知行動療法とは

姿勢や仕草と一緒で、人それぞれ考え方の癖があります。日常生活では様々な出来事が起こっていますが、考え方ひとつで気分が明るくなったり暗くなったりします。気分が違えば行動が変わってきます。

認知行動療法は考え方の癖を修正して暗い気分を明るい気分に変えていく療法になります。

f:id:chintaizumai:20161113102244p:plain

安部晋三総理が「笑っていいとも」に出演していました。安部総理だけあって付き合う人達もビッグな方が多いですね。たくさんの花が贈られて飾られていました。

一度潰瘍性大腸炎で総理の座を退きましたが、再度総理に返り咲きました。1度目に総理になった時と2度目に総理になった時では取り組む気持ちが変わったそうです。

一国の代表ですから、代表の気持ちが落ち込んでいたら一国全体が暗い雰囲気になってしまいます。2度目に総理になった今は、安部総理は気分転換をして気持ちをリフレッシュすることを心がけているようです。リフレッシュをすることで気持ちを新たにし国の政治に取り組んでいるそうです。

また、「笑っていいとも」では贈られてきている背後の花を例にして「ものの見方の大事さ」も話していました。同じ贈られてくる花でも、「あいつから花が来ていない」と考える人もいれば、「こんなにたくさん花をもらえて嬉しいなあ」と思う人もいます。2度目の総理になった時は、なるべく前向きにものごとを捉える努力をしているみたいです。

同じ出来事があっても捉え方によって気分は大きく異なってくるのです。まさに認知行動療法です。

3:コラム法

f:id:chintaizumai:20161113104230p:plain

認知行動療法では人の考え方の癖を治していきます。手法は様々ですが、今回はコラム法を紹介していきます。コラム法も5コラム、7コラム法などありますが、今回は5コラム法を紹介したいと思います。

出来事

日常生活で起きた出来事を書きます。今回の例では「花が贈られてきた」としました。

気分

今回の例ではマイナス思考の人を例にしてみました。「不快な気分になった」としておきます。

自動思考

ここでは、「花が贈られてきた」→「不快な気分になった」間の思考回路を書き出します。日常の出来事から、どういう思考手順を経て、感じた気分になったのかを書きます。今回の例では、「花が贈られてきた」→「A君から花が贈られていない」→「不快な気分になった」としておきます。

別の考え方

自動思考がその人の考え方の癖になります。その考え方のままでは、これからの人生は変わらず暗い気分で過ごすことになります。

自動思考を書いて、どこが問題になっているか見つめ直して、別の考え方がないかを検討します。

今回の例では「花が贈られてきた」→「B君C君D君からは花が贈られている」→「うれしい」としておきます。

結果

このように自分が意識していない考え方の癖を客観視して新しい考え方を取り入れることで別の気分になれます。最後に新しい考え方を取り入れることで、結果がどうなったかを書きます。今回の例では「気分が楽になった」としてあります。