精神科、統合失調症、メンタルヘルス、うつ病、心療内科

大うつ病 診断基準 口語にしてみた

うつ病診断基準

以下の症状のうち、少なくとも1つある。
1.抑うつ気分
2.興味または喜びの喪失
さらに、以下の症状を併せて、合計で5つ以上が認められる。
3.食欲の減退あるいは増加、体重の減少あるいは増加
4.不眠あるいは睡眠過多
5.精神運動性の焦燥または制止(沈滞)
6.易疲労感または気力の減退
7.無価値感または過剰(不適切)な罪責感
8.思考力や集中力の減退または決断困難
9.死についての反復思考、自殺念慮、自殺企図
上記症状がほとんど1日中、ほとんど毎日あり2週間にわたっている症状のために著しい苦痛または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能障害を引き起こしている。これらの症状は一般身体疾患や物質依存(薬物またはアルコールなど)では説明できない。

 

うつ病 診断基準 口語 

以下の症状の2つのうち少なくとも1つがある。
1:気分が落ち込む。
2:興味とか喜びがなくなる。
さらに、以下の症状のうち5つ以上必要。
3:食欲がなくなる。食欲が増える場合もある。痩せすぎ、太りすぎになる。
4:寝れなくなる。寝すぎる。
5:意味なく焦る。思考力がなくなる。
6:疲れやすく、やる気がなくなる。
7:自分に価値がないと思いこむ。必要以上に自分を責める。
8:思考力がなくなる。集中力がなくなる。決断できなくなる。
9:死にたくなる。

症状が毎日あり2週間以上続く。苦痛が強く、日常生活や仕事に影響が出ている。身体疾患、薬、アル中による抑うつ状態はうつ病ではありません。

 

うつ病の最近の傾向

巷で言われる真面目で責任感がある、といった性格の人たちがうつ病になりやすい、って言われているけど、最近はそういった典型的な人はほとんど見ません。以下に説明する「うつ病もどき」「新型うつ」「非定型うつ」が多くなってきて、精神科に訪れる人たちの7割くらいは「うつ病もどき」「新型うつ」「非定型うつ」です。「うつ病もどき」「新型うつ」「非定型うつ」は全て同じ意味で、医学用語ではありません。マスコミが揶揄した表現で、マスコミによって作られた言葉だと思ってもらって大丈夫。

 

うつ病もどき、新型うつ、非定型うつ、とは

これまでの典型的なうつ病といえば「責任感が強い」「真面目」「自責的」っていう印象だけど、「新型うつ」「非定型うつ」「うつ病もどき」は全く逆で「責任感がない」「不真面目で周囲に迷惑かける」「他責的(他の奴が悪いと言うこと)」「自分の好きなことだとテンションがあがり気分の波がある」というのが特徴。

「新型うつ」「非定型うつ」は医学用語ではなく、「うつ病もどき」を揶揄した言い方。マスコミが勝手に作り出した言葉だと思ってもらっていい。「うつ病もどき」「新型うつ」「非定型うつ」は全て同じ意味です。

うつ病もどき」「新型うつ」「非定型うつ」と「本物のうつ病」の見分けには少し経験が必要です。経験がある人が見ればうつ病うつ病もどきはほとんど分かってくる。数百人診れば区別できる嗅覚は身についていきます。うつ病は話を数分聞いて、本人の出すオーラを診ればだいたい分かってきます。

オカマか本物の女子か見分けるくらいだと思ってもらえればいいかな。そんなに難しくないでしょ。ある程度、症例を積めばほとんど分かるようになってくる。

 

若い人達のうつ病の傾向

若い人達の落ち込みはほぼうつ病ではありません。うつ病もどきです。20代でうつ病と診断されて紹介して受診に来た患者のほぼ100%は「うつ病もどき」「新型うつ」「非定型うつ」です。

「責任感がない」「不真面目で周囲に迷惑かける」「他責的(他の奴が悪いと言うこと)」「自分の好きなことだとテンションがあがり気分の波がある」という症状はありませんか?ふりかえってみてください。

「新型うつ」「非定型うつ」「うつ病もどき」には薬は効きません。自分の性格を直して、自分に落ち度があることに気づき、どう直せば次に生かせるのか考えることが大事。他人が悪い、という思い込みから脱して、まずは自分の言動をどう直すか直視しましょう。

 

中年のうつ病の傾向

中年の人たちの落ち込みの場合は、本物のうつ病の可能性は半々。半分は「うつ病もどき」「新型うつ」「非定型うつ」。それと、もうひとつ注意しなければいけないのは、本物のうつ病と診断された中に、躁うつ病が紛れ込んでいることがあるから注意が必要。躁うつ病は、躁状態抑うつ状態を繰り返す病気です。

今は気分が落ち込んで抑うつ状態かもしれないけど、過去に躁状態になっていないか思い返してみましょう。躁状態というのは気分がアゲアゲな状態のことを言います。たとえば、ひたすらしゃべりまくる、睡眠時間が少なくてもいい、仕事に異様に熱心に取り組む、性欲が増す、買い物をしまくる、、、などがある。

 

ジジ、ババのうつ病の傾向

ジジ、ババで気分が落ち込む場合はうつ病の可能性が高い。

ただ、ジジ、ババで気をつけなければいけないのは本人に悪気はないけれど、嘘を言っている可能性があるから注意が必要。「ご飯が全然食べれない」「全然寝れない」とか言っていても体重を量ると1カ月前の診察より体重が増えていたり、睡眠の検査をすると床に就いてから10分で睡眠状態に落ちてたりする。本人に悪気はないんだろうけど、「ご飯が全然食べれない」つもり、「全然寝れない」つもり、を見破らなければ過剰診断になるから要注意。

あと、「最近元気が出なくて横になってばかり」と言う人いるけど、80歳のジジ、ババが20代の時と同じくらい元気だったら逆にビックリするから。それは「抑うつ状態」とか「気力の異常な減退」ではなくて、「自然な衰え」と言うんですよ。ジジ、ババは疲れやすいのが当たり前。若いころの元気とは比べるのはやめてください。

ジジ、ババで本物のうつ病であっても、他の疾患も合併している可能性があるから、それも考えなければいけないから注意が必要です。例えば、抑うつ状態に、認知症、身体疾患が合併しているということもよくある。それを見逃すと治療法を誤ってしまう。


治療

マジのうつ病の場合は薬物療法が必要。薬の効果が出やすいです。

うつ病もどきの場合は薬はほとんど効きません。薬をいろいろ試したけど症状が良くならない、いろいろな病院にかかったけど良くならない、そういった場合にはうつ病もどきの可能性が高いです。少し自分を振り返ってみましょう。だいたい自分が悪いことが多いです。人のせいにしてませんか?感謝が足りなくないですか?もっと欲しいもっと欲しいになってませんか?人に頼ってばかりではありませんか?自分を変えずに他人を変えようとばかりしてませんか?特に20代、30代前半の自称うつ病の人たち!ほとんどはうつ病もどきですから。

ほんまもんのうつ病での薬物治療で大切なことは単剤治療です。何種類もの薬を使うのは良くないと言われています。ただし睡眠薬は別途使う必要があるので、うつ病に対する薬を1種類、睡眠薬を1種類~数種類=数種類の薬であればOK。1種類のうつ病の薬で効かなければ、他の種類のうつ病の薬を使う。しっかり効果が出るまでの用量まで増やすことが大事です。

ただし、例外のないルールはない、です。複数種類のうつ病の薬を併用する必要がある場合もあります。重症のうつ病の場合はうつ病の薬を数種類併用しなければいけないことがある。精神科にくる人たちは極端な人がたまにいるので、たくさんの種類の薬を使う医者は駄目だ!という人がいるのですが、「例外のないルールはない」この言葉は心に刻み込んでおいてください。

薬がどうしても効かない、あるいは食事を一口も摂らない状態が数週間続く、など緊急性がある場合は頭に電気ショックをすることもある。電気ショックって聞くとビックリする人がいるかもしれないけど、大丈夫。麻酔をしてしっかり寝ている状態で電気ショックをかけるから痛くはない。薬より逆に副作用が少ないことがあり、安全なケースがあるから、電気ショックと聞いただけで拒絶しないように。

心理療法とかカウンセリングとかは女子ウケがいい。女子はとにかく「カウンセリング」「心理教育」「認知行動療法」とかいうワードに食いつく。ただ、「カウンセリング」「心理教育」「認知行動療法」の効果は限定的。気休め程度と思ってもらえればいい。費用対効果は悪い。だって、性格とか考え方を変えるわけでしょ。そんなに性格とか考え方って変わらないから。そんなにすぐ性格変えられたら苦労しませんよ。お金がかかるわりには効果は限定的。お金に余裕がある場合はどうぞ。

 

具体例

1:日本国籍が欲しくて「全然ご飯が食べれません」という中国人
2:「私は既に死んでいる」ケンシロウのような発言をするばあさん
3: